ツメダニに刺された時の症状や刺された場合の対処法!

ツメダニに刺された時の症状や刺された場合の対処法!

 

【刺された時の症状】

刺すダニの代表的なツメダニは刺されてしまうと赤色丘疹と言う腫れが起こり激しいかゆみの症状が出ます。刺される場所は腕や首などの比較的柔らかい皮膚の部分に集中し特徴としてはすぐに起きる訳では無く早くても数時間程度遅い場合ですと数日後に発生する場合もあります。腫れとかゆみはアレルギー症状ですがツメダにが出す唾液によるものでありそれによって1週間程度続いてしまう事があります。

 

 

【刺された後の対処法】

ツメダニに刺された場合に出来る対策は刺された部分を掻きむしったりしないように触れない事です。触れてしまうと傷口から雑菌が入り込み傷が悪化してしまう事がありますので注意しましょう。刺された場合は皮膚科などに行って適切に処置してもらうのが指摘です。医療機関に行く場合はどのような所が原因で刺されたのかと言うのをある程度踏まえたうえで話し合いましょう。

 

 

【ツメダニを予防するには】

ツメダニの繁殖時期は夏の終わりから秋にかけてですのでこの時期から繁殖しないようにする為温度と湿度を管理しましょう。ツメダニに限らず他のダニも居ますのでダニシートなどでおびき寄せておけばアレルギーの原因になる死骸も残らず安心して使う事が出来ますよ。

 

 

⇒【ツメダニ】を捕獲!ダニ捕りロボの公式サイトはこちら