ダニ捕りロボ 口コミ

タンスや収納がダニの温床になる理由!見落としてしまいがちなダニの好物!

 

 

タンスや収納の中にはダニのエサとなるホコリやフケが溜まっており、また湿度が高い状態が続いているので、ダニにとって快適な空間なのです。

 

 

【ダニのエサとなるホコリやフケ】

ダニがエサとしている物は、主に人間の体から出たフケやアカ、天然繊維からこぼれたホコリなどです。タンスや押入れなどの収納にしまわれる洋服類やふとんには、それらダニの好物が付いていることでしょう。

 

特に、洗濯をしていない衣類やふとんを長期間しまいっぱなしにしていると、ダニにエサを与えることとなってしまい、収納内で繁殖されてしまう可能性があります。長期に渡って収納に入れておく予定の衣類は必ず洗濯し、ふとんは日に当てて乾燥させておくべきなのです。

 

 

【ダニの繁殖を助ける湿っぽさ】

更にダニは湿度を好むので、湿っぽい押入れも要注意です。日本では冬場を除いて湿度が高く、頻繁に空気の入れ替えをしないタンスや押入れの内部は湿度の高い状態が続いてしまいます。

 

一般に、暗くて空気が入れ替わらない場所には湿気が溜まりやすいものです。夏場のわずか数週間のうちに、ダニが爆発的に繁殖することもあるといわれますが、その原因は正に夏場の湿気でしょう。

 

対策として、湿気を溜めない工夫が必要です。定期的にタンスや収納を開けっぱなしにしたり、湿気取り剤を置いておくことが有効です。